FC2ブログ
二、三次元的開花小天地<( ̄︶ ̄)>
| Login |
2010年08月01日 (日) | 編集 |
今天凌晨三點多響哥和響哥的女友回家了o_o

昨天晚上七點多,上上禮拜去馬來西亞出差的響哥回到了桃園機場,

因為要等同事(不同班機)的關係,所以直到九點多才包車回到台中的公司(當然是公司出錢了),

響哥再跟他女友一起搭統聯回台南這樣,真是辛苦啦~

總之,今天中午是久違的家庭聚餐!

響姊昨天就回家啦,今天中午就跟響爸、響姊、響哥、響哥的女友,共五人一起去吃北海道聚^^"

對了,響哥有從馬來西亞帶了土產給我吃-w-

100801-2.jpg

奶茶跟巧克力XDDDDD

響哥說不知道買啥好,就隨便買了這(爆)

對了響哥是去馬拉西亞的觀光勝地,麻六甲出差唷!還住五星級旅館,公司真大方!

(響哥有拍照,再跟響哥拿照片來看-w-)

不過我看響哥未來大概都會往馬來西牙跑了,響哥的公司怎麼在日本沒分公司呀~~~


[続きを読む...]
2010年08月01日 (日) | 編集 |
 KinKi Kids堂本光一(31)主演の人気ミュージカル「Endless SHOCK」の米国公演を開催する構想が31日、明らかになった。作・構成・演出を務めるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が公表した。また、これまで実施しなかった地方公演も開催する。地方公演は、早ければ再来年にも実現する方向だ。

 ミュージカルの本場、米国に上陸だ!! 上演10周年を迎えても全公演満席。「最もチケットのとりにくい舞台公演」といわれる作品が、海を渡る見通しとなった。喜多川社長は海外進出先として真っ先に米国を挙げた。「-SHOCK」は、ブロードウェーを舞台とした作品であることからニューヨークへの“逆輸入”を検討。このほか、巨大なホールを備えた豪華ホテルが多く、ミュージカル公演が盛んなラスベガスでの開催も有力で、来年から構想を本格化させるという。

 また、国内では東京・丸の内の帝国劇場をホームグラウンドとしていたが、地方に飛び出して公演を開く。現在、大阪、名古屋などを対象に計画の具体化を進めている。

 米国、地方公演構想について、喜多川社長は「10周年を迎えての新展開」と位置づけている。

 大掛かりなセットを収容できる奈落や、多彩にフライングへの対応など会場設備の関係から、帝国劇場でのみ上演されてきたが、地方公演では内容を吟味して上演することになりそうだ。

 壮大な構想を聞いた光一は「話がきたら、全力投球するのが自分のスタンス」と目を輝かせ、全力を傾注する構えだ。

 この日は10周年を記念し、2、3、7月の3カ月にわたって挑んだ年間100回公演の千秋楽。光一は「屋根の上のヴァイオリン弾き」の故森繁久弥さん、「エリザベート」の一路真輝(45)に続き、3人目の帝劇での主演年間100公演を果たし、帝劇での同一演目の単独主演記録も前人未到の751回まで伸ばした。

 “完走”を果たした光一は「体と気持ちが矛盾しています。体は『休ませて』と言っているのに、気持ちは『まだ続けたい』と…」と感無量の表情。植草克秀(44)、内博貴(23)らと舞台裏で乾杯後、鳴りやまない拍手に再び舞台に登場する珍しいひと幕もあった。

 帝劇100周年の来年も2、3月公演が決定済み。光一は「100周年に2カ月もやらせてもらえる責任を果たしたい」と明言。作品のテーマ「Show must go on(ショーは何があっても続けなければならない)」を体現し続けることを誓った。

<SHOCK> 2000年11月、「MILLENNIUM SHOCK」に始まる、光一主演のミュージカルシリーズ。「Endless SHOCK」は05年から上演中で、光一主演の別の作品が検討されたこともあったが、人気の高さから継続され、08年には「菊田一夫演劇大賞」を受賞した。

 作品は、ショーに人生をささげるコウイチ(光一)が周囲と衝突しながらも心を一つにしていく姿を描く。布やはしごなどを使う多彩なフライングや階段落ちなど魅せる演出が呼び物。これまで751回の公演で、総観客動員数は138万4484人に上る。

◆来月からソロツアー
 光一はこの日、昨年に続きソロツアーを開催することを発表した。9月11、12日の沖縄コンベンションセンターからスタート。横浜アリーナ(10月9-11日)、名古屋・ガイシホール(10月20、21日)などを回り、11月12-14日の地元・神戸のワールド記念ホールまで、9都市25公演で25万1000人を動員する予定だ。

 また、昨年のソロ公演でファンに約束していたソロアルバム「BPM」を9月1日に発売する。ソロアルバムは4年ぶりで、ソロシングル「妖~あやかし~」のほか、光一作曲の新録8曲などを収録する。

 コンサートの問い合わせは=電0180・993・700。




From:中日スポーツ


[続きを読む...]