FC2ブログ
二、三次元的開花小天地<( ̄︶ ̄)>
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
2011年01月13日 (木) | 編集 |
 昨年放送された嵐の大野智(30)主演の日本テレビ系ドラマ「怪物くん」が、3D映画化されることになった。大野は単独では初めての映画主演。製作の日本テレビによると、同社の「20世紀少年」に相当する約20億円の製作費を投入。東南アジアで大規模なロケも行い、より冒険的な要素を含んだ作品になるという。

 昨年のNHK紅白歌合戦にも出演するなど国民的キャラクターとなった“大野版・怪物くん”が飛び出す映画になる。

 日本での活躍を描いたテレビ版からスケールアップし、今回は怪物くんとお供のドラキュラ(八嶋智人)、オオカミ男(上島竜兵)、フランケン(チェ・ホンマン)一行が架空の国を舞台に活躍する冒険物語。鹿賀丈史(60)、TOKIO・松岡昌宏(34)、稲森いずみ(38)、川島海荷、濱田龍臣(10)らテレビ版のレギュラーメンバーに加え、敵のボス役で新キャラクターも登場する。

 メガホンを執るのは、昨年「ちょんまげぷりん」「ゴールデンスランバー」の2本で一躍注目を集めた気鋭の中村義洋監督(40)。脚本はドラマ版も手掛けた西田征史氏が担当する。怪物くんの伸びる手足や、お供たちのコミカルシーンなどで3Dがフル活用されるという。

 製作の日テレによると、同社の映画では過去最大だった「20世紀少年」級の約20億円の製作費を投入し、邦画でも最大級のプロジェクトとなる。今月からクランクインしているが、2月には東南アジアでロケを行い、架空の国での冒険シーンを撮影する。

 ドラマ版は昨年6月期に放送され、平均視聴率13・9%を記録。ファミリー、子供層の視聴率は平均24・2%を記録し、劇中歌「ユカイツーカイ怪物くん」が急きょCD化されるなど子供たちに人気を博した。今回が単独では初の映画主演となる大野は「今回の目玉は3D! 迫力満点の映画化に、僕も期待しています! でも正直に言うと、僕自身もどんな仕上がりになるのか分かりません(笑い)。みんな、劇場で伸びてきた怪物くんの手につかまらないように気をつけてね!」とコメントを寄せた。完成は10月の予定で、冬の公開を目指す。




From:スポーツ報知


電影化就算了,竟然還是3D電影(驚)

嗯不過還是很期待,希望台灣之後也會上映:D
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック