FC2ブログ
二、三次元的開花小天地<( ̄︶ ̄)>
| Login |
2014年01月26日 (日) | 編集 |
 人気グループ嵐の二宮和也(30)が、日本テレビ系の4月期ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望(仮)~」(土曜午後9時、スタート日は未定)で初の教師役、初の高校野球の監督役で主演する。
 二宮が演じるのは、超進学校で弱小野球部の監督をすることになった臨時教師・田茂青志(たも・あおし)。普段はクールだが、疑問を感じると突きつめなければ気が済まない超めんどくさい性格で、「弱くても勝てます」を持論に、変人だらけの“へっぽこ野球部”を常識外れなセオリーで導く。
 原作は高橋秀実さんのノンフィクション「『弱くても勝てます』開成高校野球部のセオリー」だが、ドラマの舞台となる高校や登場人物などは全てオリジナルの設定で、原作にはない生徒の家庭や恋愛、進学問題を絡めた学園ドラマの王道を目指す。
 二宮は初の教師役について「挑戦そのもの」とコメント。「生徒たちとコミュニケーションを取っていきたいんですが、基本的に後輩が苦手なんですよ。結構怖がられているんじゃないかな、とか心配しています」という。
 自身も野球経験者で、今回の役を予感させる出来事もあった。「去年かな、高校野球を見てて初めて同い年の監督が出てきたんですよ。相葉(雅紀=嵐)くんと一緒に見てて『マジかよ!?』って衝撃を受けましたよ」と二宮。小学生時代の野球チームで経験したエピソードも、ドラマに折り込まれるようだ。
 二宮が“武者修行”として、公募で選ばれた高校を訪れるキャンペーンも予定されている。
<ストーリー> 毎年東大に200人を送る名門私立高校に、同校OBで、東大大学院で生物学の研究をしていた30歳目前の田茂青志(二宮)が、1年間の臨時教師として赴任してくる。
 青志が母校で発見した変な生き物が野球部の面々。練習時間も、体力、技術もなく、創部以来一度も勝ったことがないが野球は大好き。青志の“変人スイッチ”が入り、非常識野球で甲子園を目指す。



From:中日スポーツ


==========================

NINO睽違三年半的日劇主演!!!

終於等到了呀呀呀>艸<

而且這次居然要飾演高中棒球老師……

哪有老師比學生年輕的啦(爆笑)

總之這部日劇必追!!!

期待今年春天啦~w
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック